自己処理脱毛後は皮膚のケアが重要 2015年12月1日

脱毛で自己処理をしているとこんなことはありませんか?

肌が鳥肌のようにブツブツになってしまう経験がある人はケアが足りない証拠です。

■脱毛の悩みについて

脱毛の悩みについて聞いてみると多くの人が、脇の下の毛を処理したら毛穴が鳥肌みたいにブツブツとしてきて気持ち悪くなってしまったと答える人が多いです。これは毛抜きを使ったり剃刀を使って処理をする人がよく経験者となる事例です。毛穴が山みたいに盛り上がるのは、その部分の毛を抜く際に、毛穴が一緒に引っ張られることで皮膚が盛り上がってしまうことが原因です。

■皮膚への刺激が原因

鳥肌が立つのは、寒い時であるという人は多いです。これは毛を立てる筋肉の立毛筋が緊張して収縮して鳥肌のように立っているように見えています。自己処理をして間違った処理を続けていると同じような状態になります。中でも脇の下というのは皮膚の弾力があまりありませんから伸縮性もありません。その部分に生えている毛の方向、これはさまざまな方法に生えています。生えている方向を気にせずにこれまで処理をしていた人は余計な力がかかりすぎている可能性がありますので、毛穴にはとても強い力がかかっているかもしれません。その結果として鳥肌みたいにブツブツができていると考えられます。

■鳥肌が出来たらどうすればいいの?

もし自己処理をしていてブツブツができてしまったのであれば少し時間をかけてケアをする必要があります。また脱毛方法が合っていないことを意味していますので、毛抜きや剃刀を使ってブツブツになったのであれば、その方法は今後避けたほうがいいでしょう。一番良いことは間違ったケアをせずに正しいケアを受けるために、脱毛サロンやクリニックで施術を受けることです。

鳥肌になってブツブツの肌を解消したいと思っている人は、専門機関で正しいケアを受けるようにすると改善するかもしれません。一度肌の状態を見てもらうためにカウンセリングを受けると良いでしょう。

自己処理脱毛後は皮膚のケアが重要 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 脱毛のその後